トップページ | 2006年4月 »

2006年3月30日 (木)

ノルディック複合、ノルディックコンバインドの河野孝典氏

ノルディック複合の功労者といえば、
荻原兄弟や阿部雅司もそうですが、
やっぱり野沢温泉村出身で、野沢温泉スキークラブの河野孝典でしょうか。
彼の頑張りによって、荻原が育ち、
阿部や三ケ田が安定し、
そのパワーが集結されたように思う。

当時は、野沢温泉で育った河野がいち早く海外に出て、
エルデン兄弟と合同練習を行って、
その海外の強さの秘密と仕組みを学んできた。
そして荻原兄弟との切磋琢磨・・・。
彼らは、長野原高校でもインターハイで優勝し、
大学でもインカレで優勝し、ユニバーシアードで優勝し、
ノルディックコンバインドでは、敵なしだった訳で、
その荻原兄弟に、本物の強さを教えて上げたのは河野だからね(たぶん)。

だからリレハンメルオリンピックでの、
河野とビヒャルテ・エンデン・ビークとの死闘は、本当に凄かったと思う。
優勝はもう早くに行ってしまい、
2位争いは、河野、ビーク、荻原健司の3人の死闘となった。
ただ残念ながら、荻原は後から追い上げたけど、結局届かなかったので、
厳密にいえば、1人で死闘を戦っていたのだが、
河野とビークの2人によって、
当時のノルディック複合界の2大強国である、日本とノルウェーのエース対決を見せて貰った。

複合では、ある程度力の差もあるし、
特に上位については、差が開き易く、最後の直線まで争うケースはあまり無い。
しかしこの二人は凄かったねえ。
まさにデッドヒート、息が止まりそうな走りあい。
全身使って、ストックを突き出し、
スキーを蹴り上げる・・。

白い息は、右に左にもやもや上がるが、
それがあまりのスピードに風のようになって吹き抜けていくさまは圧巻であった。
息も絶え絶えになる頃、最後の最後に河野が少しだけ前に出て、
なんとか銀メダルゴールを飾る。
ビークもそのまま倒れこみ、銅メダル。
そして荻原健司は涙を浮かべて(たぶん)の、悔しい4位入賞・・。
ドラマがあったなあ・・。
複合日本が復活して欲しいなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月27日 (月)

大相撲、大関栃東は横綱なるか?

大相撲、大関栃東は横綱なるか?白鵬は、朝青龍は?

さあ、いよいよ千秋楽が終わりましたが、
まあいつもの状況と成りましたね。
いつも通り、朝青龍の優勝で終わってしまいました。
ただ今回は少しいいところもありました。
そうです、白鵬も頑張りましたけど、栃東も意地を見せましたね!

今回は、栃東は、12勝3敗なので、
今回の綱取りははっきり言って絶望的ですが、次回に繋がりましたよね。
やっぱり横綱朝青龍に勝った事は大きいですね。
そりゃあ17回も優勝している朝青龍に土をつけたのは、凄いことですから!
確かに横綱になるのは絶望的ですが、これからも栃東に頑張って欲しいですね。

結局、優勝はできませんでしたが、白鵬も良かったね。
まあ大関になるようだしね。
今後は、本命が横綱朝青龍で、白鵬と栃東が追いかける展開でしょうか。
いずれにせよ、もっと頑張らないと、
大相撲は、いつもと変わらぬ、マンネリ化しつつあると言われてしまい、
言い方は悪いですが、何か無いと盛り上がらない状況になってしまいます。

今回は、それにしてもパッとしない要素がありすぎでした。
トリノオリンピックが終わったと思ったら、
直ぐにWBCワールドベースボールクラシックが始まるし、
それも、WBCは、当初はそれほど興味は無かったのですが、
疑惑のボブ審判のお陰で、かえって盛り上がっちゃうし、
そして高校野球も始まりました。
大相撲は忘れられそうです。

これでは、再び、何かトピックが必要となります。
いっそうのこと、貴乃花と若乃花の、遺産相続問題でも持ち出さないと、
もうどうしようも無いかもしれないね。

それかいつもの魁皇の引退・・。
誰かが優勝することよりも、引退の方がニュースとして盛り上がり、
話題となってしまうなんて、少し寂しいですね。
まあそれだけ魁皇の人気が高いということですが・・。

それにしても、栃東も、次回は更に頑張ってほしいですね。
元々、血筋は良いですし、体格もまずまず良いし、残念だなあ・・。
たまに怪我はするけれど、仕方ないのかなあ?
でも、栃東は人気が出る要素があるのだから、
何か巻き起こして、高見盛のような人気者になって欲しいね。
実力はあると思うので、頑張って欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月24日 (金)

第78回高校野球センバツ大会優勝は駒大苫小牧!にあげたいか?

第78回高校野球センバツ大会優勝は駒大苫小牧!にあげたいか?

さあ。みんな興味がしんしんの高校野球の季節です。
今回は、どこにいい選手がいるのか、
どんなピッチャーがいるのか、
全く知らないし、調査もしていないのだが、
それでも、いつも通り予想してみよう!

ところが・・・、
駒大苫小牧が出てないよ・・。
春連覇がかかっているのに、出てきません。
なんでも、卒業式で、打ち上げで飲みに行って騒ぎすぎて、
となりの客に通報されたらしい。

飲みに行った事は、悪いとだけ言っておこう。
だが、それよりも、飲みに行くなら静かに飲め!と言いたい。
はあ、馬鹿だなあ。
彼らは全てを無駄にしてしまった。
酒を飲む事は、否定も肯定もせぬが、
本質的な悪かと言えば、誰かに迷惑をかけなければ、悪とは言い切れない。
罪であっても、悪ではないのだ。

だから静かに飲んで欲しかったなあ。
まあ仕方ないけど、過去にいろんな高校が辞退をせざるをえなくなっているのだから、
自分たちの立場を良くわきまえて欲しかったねえ。
まあ連帯責任とか、あんまり関係ないのだが、
高校野球は今までこういう流れで来た以上、
良い悪いの問題でなく、直ぐには変えられない事は理解すべきである。
だから私も、駒大苫小牧高校を、絶対に選抜に出せとは言えない。
残念だが・・。

という訳で、今回の優勝は、高岡商業です。
優勝は高岡商業!
あれ違ったか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月22日 (水)

WBC優勝!ワールドベースボールクラシック優勝!アマチュア最強軍団キューバに快勝!松坂MVP!

WBC優勝!ワールドベースボールクラシック優勝!
アマチュア最強軍団キューバに快勝!
松坂MVP!
最強審判ボブ、メキシコ戦でも最狂の判定・・。

今回のWBCは様々な修飾語が飛び出てくる。
しかし、これほどのドラマは、かつてあっただろうか?

ドラマでも、ニュースでも、スポーツでも、試合でも、
ここまでの大どんでん返し!そしてメイクドラマは、全く記憶に無い。
こんなことがあって良いのか?

思えば、全て、ボブのお陰だろう・・。
こんなことで、あの憎きアメリカ恣意的審判ボブを褒め称えてはいけないが、
しかしそれでもあえて言うならば、全てボブのメイクドラマである。
ボブがいい加減な審判をしてくれたお陰である。
彼が恣意的に判定したからこそ、日本は1つにまとまり、日本は強くなった。
そして日本中がテレビに釘付けとなって、真剣に見てしまった。

これが読売や日本テレビの策略だったら本当に凄いね。
ここまで読んでいて、アメリカのガラクタのような審判を入れていたのならネ。
彼が恣意的にやれば、日本の反米感情や嫌米感情が吹き出て、
日本への愛国心が盛り上がり、WBCが盛り上がると言うことを・・。
私もそこまでは読みきれなかったねえ。

当時、私もみんなと同じで、「ボブよ、いい加減にしろ!」誰もが思っただろう。
アメリカ対メキシコ戦で、
メキシコのポール直撃のホームランを、2ベースにしてしまった。
これにはメキシコも怒った。
黄色い塗料が付いたボールを示して、ボールがポールにぶつかったことを述べて抗議をしたが、
それでも聞かないボブだった(笑い)。

もう良いよ・・。そんな感じかもしれない。
あのあとのアメリカの戦い見ていたけど、
途中から手を抜いてなかった?
だって、あれほど恣意的な審判をやられたら、恥ずかしくて勝ちあがれないよ!
日本人にとっては、
例えば、もしも日本の審判がWBCにわざわざ行っていて、
日本びいきの判定ばかりやっていたら、どう思う?
もう相手チームに悪くて、力が入らないよね。

なんかアメリカは最後、もうあのボブと同じ国=アメリカであることに嫌気がさしたように見える。
そう、アメリカは最後、逃げたんじゃないかなあ・・。

まあ結局は、日本は、まさかまさかの準決勝勝ち名乗り!
そして韓国にも競り勝って、
ついにはキューバに打ち勝っての初代王者、初代チャンピオンとなったのだ。

うーん、メイクドラマ完結編!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »