« 晩年の大相撲高見山評論家 | トップページ | W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて »

2006年6月19日 (月)

ワールドカップ日本対クロアチア川口に助けられた!

ワールドカップ日本対クロアチア川口に助けられた!

W杯サッカードイツ大会、日本対クロアチア戦、
日本にとっては、痛恨のドローに終わった。

勝てなかった理由はいろいろある。
一番には、後半でのサントスのクロスに誰も走りこんでなかったこと。
これは、サントスも激怒したけど、
もうあんなセンタリングは、二度と出来ないというくらい、
完璧なクロスだった。
あれに走りこまなければ、どうしようもないよ・・・。
既に、玉田も、大黒も入っていたのに、
元気なやつが2人もいたのに、
誰もいなかった・・。

他にも勝てなかった理由はある。
中村俊輔が疲れすぎ・・。
もちろん彼は必要だし、前半は良いのだが、
ただ前回大会、彼無しで勝ち抜いた事実を忘れていないか?
そうです、彼無しでも、勝ち抜ける事は勝ち抜けるわけです。
だから、前半良いところで使ったら、福西を下げるんじゃなくて、
後半20分くらいに、中村を下げるべき。
彼が疲れ切って、精度の落ちたパスなんか、
はっきり言っていらないよ。

負けなかった理由は、
川口にスーパーセーブ連発と、
やはりPKを止めちゃったこと。
あれは止められないよ、普通・・。
他にも決定的なチャンスをスーパーセーブで凌いできた。

クロアチアのキーパーなんて、日本が自滅しているから、凄く楽だったけど、
川口能活なんて、
スルナとプルスのコンビに良い様にやられていた日本のディフェンスを尻目に、
良くやったよ!

あと良かったのは、稲本です。
やはりラッキーボーイ稲本は健在か?
いいところで、みんなが疲れたところで、
しっかりとカットできた。
やっぱり稲本でしょうね。

加治も良かったし、中田も良かったけど、
サントスについては、
実は、1回の良かったセンタリング以外は、少し疲れていたのは否めない。
サントスも注意が必要かも。

ディフェンダーは宮本も中沢も、もうこれ以上の動きは出来ないほどに頑張っていた。
文句は誰も言えまい。

次回のブラジル戦は、奇跡を起こして欲しいね!
それしかない。

|

« 晩年の大相撲高見山評論家 | トップページ | W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68908/2284620

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ日本対クロアチア川口に助けられた!:

« 晩年の大相撲高見山評論家 | トップページ | W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて »