« ワールドカップ日本対クロアチア川口に助けられた! | トップページ | ワールドカップサッカーブラジル対日本 »

2006年6月22日 (木)

W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて

W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて

ワールドカップサッカードイツ大会、
日本対ブラジル戦では、
どういう試合を見せるべきか?
日本対クロアチア戦を見て、その痛恨のドロー戦を見ると、
下記の感じが良いのではないかと思う。

前半は、FW以外はいつもと同じ感じで行く。
FWは巻と玉田。
まあ疲れていないしね。
それから、宮本がいないので、
その代わりは、坪井でも、駒野でも入れて、
宮本のポジションには、加治でも入れる。
駒野の体当たりは、オーストラリア戦でも全く引けを取らず、
大丈夫でしょう。

それから、前半は、疲れない程度に、
ブラジルの猛攻を防ぎ続けるしかない。

後半には、まず15分頃に、巻か玉田にかえて高原でも入れる。
特に理由は無いが、FWは疲れきるはずなので、
1人は代えないと、
普通のパスにさえ追いつけないのはさすがに痛いから。

次に、後半25分に、中村俊輔に代えて、
稲本を投入。
稲本で活性化を図る。

最後に後半35分に、
疲れたサントスに代えて小野を入れるか、
巻か玉田に代えて大黒を入れる。
もはや勝つしかないので、引き分けならば、大黒を入れるし、
勝っているならば、小野という感じか。
小野のセンスに期待する。

|

« ワールドカップ日本対クロアチア川口に助けられた! | トップページ | ワールドカップサッカーブラジル対日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68908/2327134

この記事へのトラックバック一覧です: W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて:

« ワールドカップ日本対クロアチア川口に助けられた! | トップページ | ワールドカップサッカーブラジル対日本 »