« W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて | トップページ | トルシエ監督は、何故中村俊輔を選ばなかったのか。 »

2006年6月23日 (金)

ワールドカップサッカーブラジル対日本

ワールドカップサッカーブラジル対日本

いろいろ期待もしましたし、
奇跡は起こり得るものだと思っていましたし、
何か起こるんじゃないか?
いや、奇跡は起こすものなんじゃないか!
そんな思いをもっていた。

しかし結果は無常だった。
やはり、というか予想通りというか、
結果は、3対1。
結果だけ見れば完敗でしたね。

考えるに、ブラジルは、やはり2軍でも、控えの選手でも、
非常に強い。
それは当たり前と言えば当たり前だが、
何故なら、
彼らは、1軍に入ろうと、不動のレギュラーに昇格しようと、
そして、海外からのオファーを受けようと、
それこそ必死に戦っている。

だから手抜きどころか、
これをいいチャンスと捉え、それこそ必死で、
死に物狂いでやってくるのだ。

ブラジル全体で見れば、消化試合ではあるが、
彼らにとっては、生きるか死ぬかの瀬戸際・・・。
勝てるわけ無かったね。
でも、日本は更に一回り大きくなった。
素晴らしいことだね

|

« W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて | トップページ | トルシエ監督は、何故中村俊輔を選ばなかったのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68908/2342689

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップサッカーブラジル対日本:

« W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて | トップページ | トルシエ監督は、何故中村俊輔を選ばなかったのか。 »