« ワールドカップサッカーブラジル対日本 | トップページ | W杯サッカードイツのバラックの顔 »

2006年6月26日 (月)

トルシエ監督は、何故中村俊輔を選ばなかったのか。

トルシエ監督は、何故中村俊輔を選ばなかったのか。

今でも語られる疑問であり、後悔の言葉でもある。
しかし今になってみれば、
当然といえば当然だったかもしれない。
今回の大会で俊輔の必要性はどれほどだったろうか?

もちろん、全くいらないとまで言うつもりはない。
それなりに役にたったし、
オーストラリア戦で1点を取ったのは彼だからだ。

だが、実はオーストラリア戦で1点を取られたのも、彼のせいである。
彼の運動量が落ちたのが遠因である。

何故なら後半40分近くになり、
どの選手も疲れはピークとなっていた。
誰も他人のことなんか考える余裕も無くて、
自分の役割だけを考えていた。
自分のやるべきことだけを精一杯やっていた。

ところが、自分の役割さえできない選手がいた。
それが俊輔である。
俊輔は、ある意味、トップ下だから、ディフェンスはする必要がなく、
パスだけ出せば良いという人もいるだろうけど、
やはりある程度ディフェンスはしなければならない。

ところが、彼はもう走れなかった。
そしてそれをジーコも許していた。
1点を取った功労者として・・。
だから他の人がカバーせざるを得なかった。
自分が手一杯なのに、
中田は俊輔の分も走り、駒野も、小野もてんてこ舞いだった。

俊輔も1点は俺が取ったからと自負はあったろうけど、
それは勝ってから威張れば良いのであって、
甘えは禁物。

しかし俊輔はもう走れず、中田、駒野、サントスらに過度の負担をかけていた。
結局、後半39分、中田もカバーできず、駒野も動ききれず、
ついに失点した。

でもこれは、何が原因といえば、駒野が倒れてしまったことよりも、
俊輔が走りきれずに、他の人の負担を増やしたことだろう。

もちろん彼は一点取ったし、自分のやるべきことを頑張っていた。
つまり実際は、俊輔が悪いのではなく、
走力のない中村俊輔を起用し続けたジーコの責任である。
小野伸二は、中村俊輔に代わって入るべきだったと思う。
中村は後半バテバテなんだから、
早く代えて休ませる。
これをジーコは行なうべきだったね。

それが出来ないなら中村は起用すべきではないし、
トルシエが何故中村を選ばなかったのか?
今になれば、やはりあれだけ走れなくて、
あおのように急に元気がなくなってしまう人物は、
ことワールドカップのような長丁場では、使い道は限定されてしまうのでしょうね。
私も今回のワールドカップサッカーは本当に良く勉強になりました。

|

« ワールドカップサッカーブラジル対日本 | トップページ | W杯サッカードイツのバラックの顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68908/2384286

この記事へのトラックバック一覧です: トルシエ監督は、何故中村俊輔を選ばなかったのか。:

» 新聞屋のお兄さんのせいで… [旦那様ごめんね・・・・]
ご主人様が出張だから…でも日向の体は性欲で溢れていて…もう1ヶ月近く…抱かれていないから自分でするしかないから…想像しただけで…濡れてしまうくらい、溜まっているから… [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 03時23分

» トラックウバックありがとうございます。 [吉田]
生まれてこの方、本物のフレンチを口にするのはあの時がお初でしたので、次々と出てくる料理に舌をうならせていました。そんな私を彼女はワインを口に少しずつ運びながら楽しげに見ていました。 [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 19時52分

» 新・性感帯??? [ビバラムジカ]
旦那が全然求めて来ないとです!?・・・・もなみです。そんな事はどうでもいいの(笑)舌を噛んでしまったんだけどね。急いでご飯食べてたら噛んだだけなんだけどー・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 23時48分

« ワールドカップサッカーブラジル対日本 | トップページ | W杯サッカードイツのバラックの顔 »