« 読売巨人8連敗・・。10連敗・・。 | トップページ | プロ野球のオールスターへの興味が薄れた瞬間 »

2006年7月21日 (金)

貴乃花部屋と二子山部屋

貴乃花部屋と二子山部屋

そういえば、1年程前、
前の二子山親方が口腔底ガンにより、急死して、
貴乃花と元若乃花の花田勝氏との兄弟対決が話題になっていました。
遺産を巡り凄い対決をしていました。

最初は、花田勝氏は饒舌だったのですが、
途中からしゃべらなくなり、
代わりに、貴乃花こと、花田光司氏が、
良くしゃべるようになっていた。

しかし客観的に見ても、花田勝氏の怪しさは拭い去れない。
何故なら、花田勝氏が、「しゃべらないが勝ち!」
と言い出して、
「俺はしゃべらないから、また同情が集まっちゃうなー」とか、
「貴乃花は、おしゃべりだから嫌われるだろうね!」とか言っていたけど、
そんなこと自分から言い出していいのかなあ?
俺、元々は若乃花ファンだったけど、
去年の二子山親方の葬式の辺りから、
病室に税理士連れ込んで遺産や資産の査定をしてたとか、
闘病の過程をビデオ撮影しようとして、貴乃花に怒られたとか、
変な話ばかり聞こえて来るからね。

基本的に若がしゃべらずにいても、
週刊誌のインタビュー記事に、いろいろ言い訳し、
策略練っているのが聞こえてくるから、
どうしても、不信感が否めないよね。

その点、貴乃花は、もう純粋に相撲道に励んでいるから、
最近、どんどん好感度アップだね。

当時、何故、若乃花は急にしゃべらなくなったのか?
しゃべらずに、誰が代弁するのか?
そんな風に思ったけど、
しかし、それは、直ぐに分かった。
フリーの武田なんとかとかいう、コメント師が、
勝手なことばかりいいはじめたからです。
ジャーナリストを気取る武田頼政師とか言うコメント師だけど、
若乃花も馬鹿だなあ・・という感じ。

あんなひげ生やしたコメント師にしゃべらせて、
たきつけていれば、
週刊誌の週刊現代とか、週刊新潮とかに載っていたことは、
実は全て貴が正しくて、若は嘘突いていたって分かっちゃうじゃんね。

|

« 読売巨人8連敗・・。10連敗・・。 | トップページ | プロ野球のオールスターへの興味が薄れた瞬間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68908/2744283

この記事へのトラックバック一覧です: 貴乃花部屋と二子山部屋:

» 花田勝 [emla]
花田勝のblog:貴乃花部屋と二子山部屋貴乃花部屋と二子山部屋 そういえば、1年程前、 前の二子山親方が口腔底ガンにより、急死して、 貴乃花と元若乃花の花田勝氏との兄弟対決が話題になっていました。 遺産を巡り凄い対決をしていました。 最初は、花田勝氏は饒舌だったのですが、 途中からしゃべらなくなり、 代わりに、貴乃花こと、花田光司氏が、 良くしゃべるようになっていた。 しかし客観的に見ても、花田勝氏の怪しさは拭い去れない。 何故なら、花田勝氏が、「しゃべらないが勝ち!」 と言い出して、 「俺は... [続きを読む]

受信: 2006年7月21日 (金) 15時25分

« 読売巨人8連敗・・。10連敗・・。 | トップページ | プロ野球のオールスターへの興味が薄れた瞬間 »