« 貴乃花部屋と二子山部屋 | トップページ | 中日川上憲伸11勝目!阪神に3連勝! »

2006年7月24日 (月)

プロ野球のオールスターへの興味が薄れた瞬間


プロ野球のオールスターへの興味が薄れた瞬間

プロ野球について、オールスターが終わったが、
いろいろあるけれど、今思うに、
私がオールスターに対して、最初に興味が薄れてしまった瞬間は、
何かなあと思えば、
それは、松井に対して、仰木監督がイチローを投手でぶつけた時に、
野村監督が、代打に高津を送った場面です。
これでドッチラケです。
松井対イチローを見たかった。

これに対し、野村監督は、プロ野球を冒涜してるだって!
野村監督だって、いつも冒涜しているじゃん!
野球中にブツブツしゃべったり、
自分の息子ばかり使ったり、
プロ野球を完全に冒涜しているのに、
そこまで理不尽に主張されるとは思わなかったね。
ID野球自体がプロ野球を冒涜しているのに、
そんなことを言うとは・・・。

もちろん、私はID野球を否定しているのではなく、
それはそれで良いと思っているけど、
野村監督が自分はID野球をやり続け、それによって野球を冒涜しているのに、
それに触れずに、
人のことばっかり文句をいう事に辟易していると言うことです。

それに、
元々、野村監督にエンターテイメント性を求めても無駄だけど、
これは配慮がなさ過ぎる。
いくら自分が長島監督に比べ、記録は良いのに冷遇されているからって、
これはいくらなんでも、やりすぎだったよ。
あれ見て、野村監督には失望と言うか、大失望をしたというか、
プロ野球自体の魅力が薄れたと言うか、
野村監督でさえ、こういう教科書的な発言しかできないのかなって思ったら、
プロ野球を応援している自分自身が、自分に嫌になったのは否めない。
野村監督を見ている自分が恥ずかしくなってしまったよ。

最近はようやく、ふっきれて、またプロ野球をみたくなったけど、
野村監督のたまたま見せる、プロ野球への変な正義感は、いらないよ。
プロ野球ファンの足を引っ張っていることに気付かないとね。

|

« 貴乃花部屋と二子山部屋 | トップページ | 中日川上憲伸11勝目!阪神に3連勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68908/2779949

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球のオールスターへの興味が薄れた瞬間:

» 田中将大投手 IN 高校生ドラフト [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
高校生を対象としたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が25日、東京都港区の新高輪プリンスホテルで開かれ、夏の甲子園準優勝の田中将大投手(駒大苫小牧)の交渉権は楽天が獲得した。 田中将大くんは、ポジションは投手で右投右打。 [続きを読む]

受信: 2006年9月26日 (火) 10時15分

« 貴乃花部屋と二子山部屋 | トップページ | 中日川上憲伸11勝目!阪神に3連勝! »