« 松坂大輔のレッドソックスは大正解! | トップページ | 日本のプロゴルファーで今までに最も美人の選手は? »

2006年11月20日 (月)

クンロク大関9-6大関、大相撲

クンロク大関9-6大関、大相撲

クンロク大関とはいかに?
それはいわゆる、9勝6敗が多い大関のことである。
大関とは、そもそもどんな立場かといえば、
その昇進基準にある通り、
基本的には、11勝して欲しい役目である。
通常は最低10勝で、たまには13勝して優勝もして欲しいけど、
まあ平均11勝くらいが目標かな・・。

だからこそ、大関昇進の目安は、
だいたいだけど、
直前の成績が33勝以上となっている。

ゆえに、最低10勝ナノにもかかわらず、
9勝が精一杯なので、
ある意味揶揄して、96大関と言うんですね。
もちろん9勝すらできず、8勝でぎりぎりとか、
7勝で角番ばかりの大関は論外なので、
そっちの方は知りませんが・・。

96大関といえば、
最近では、やはり千代大海かな・・。
魁皇は、もう引退間近なので、ちょっと96というのは失礼な感じ。
栃東は、少しそんな感じだけど、
まあ横綱綱取りもあるから、96とは言いずらい・・。

その前の時代になると、霧島とか、北天佑、朝潮とかもそうだね。
ようは、横綱になれなくて、万年大関である上に、
中々10勝に到達せず・・。
かつ、出島とか、雅山のようになんども角番を迎えた大関とは違う感じ。

たまたま霧島は、角番から大関転落したけど、
でもやっぱり、96大関かな・・・。
貴ノ浪は96ではない。
勝つときは大勝ちして力強い感じがある。
まあ96大関とはそんな感じでしょう。

|

« 松坂大輔のレッドソックスは大正解! | トップページ | 日本のプロゴルファーで今までに最も美人の選手は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68908/4250875

この記事へのトラックバック一覧です: クンロク大関9-6大関、大相撲:

» 大相撲 [大相撲]
大相撲 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時19分

« 松坂大輔のレッドソックスは大正解! | トップページ | 日本のプロゴルファーで今までに最も美人の選手は? »