« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月25日 (月)

K-1で曙さん頑張っているけど、本物は強いよ。

K-1で曙さん頑張っているけど、本物は強いよ。

K-1で元横綱の曙太郎は、苦戦していますけど、
実は本物は強いんだよ!
何せ、私が以前ボランティアしてたわんぱく相撲大会の最中でのこと。

地下の選手用の通路で曙太郎選手を見つけたときのことですが、
その頃は、既に引退して、2年程経ち、
まだK-1に出場する半年ほど前のことだと思いますが、
私は通路で曙選手を見つけて、かけよりました。

周りには私しかいないので、
やりたい放題です。

「おお、アケボノだ~!」
「おーい、おい、アケボノイエーイ!」
と、勝手に喋りたい放題で、
アケボノさんの、胸板を叩きまくりました。
もちろん、バチバチ叩くのは失礼なので、
肩を叩くくらいの感じでしたがねー。

そしたら、アケボノも、
私が少し調子に乗りすぎだと思ったらしく、
思い切り私の肩に張り手をかましたのです。

「バチン!」単に一撃だけでした・・。
ところが、うわあー、「どがーん!」
と私は3m吹っ飛びましたよ・・。

もちろん曙さんは、本気でやっているわけではないけれど、
それでも、吹っ飛びましたね。
まあ、結局、彼はひざが悪いので、下半身が弱くて、
中々K-1のプロ相手には勝てないけれど、
でも、素人相手には、当然に強力(笑い)で、
かつ上半身は全く衰えていないので、凄いなあと思った瞬間でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

次のプロ野球の名球界入り投手は?

次の名球界入り投手は?

さて、巨人の工藤が200勝を超えて、
山本昌が来年名球界入りするとして、
その次に来るのは誰か?

パリーグはもう全く持って人材不足なので、
西口が、140勝くらい、次に松坂が今年100勝を超えた。
北海道日本ハムの金村も100勝くらいかなあ?
そんな位しかいない。

セリーグは、どうだろうか?
工藤は210勝を超えて、山本昌広191勝、桑田真澄は、173勝か4勝。
次は大きく開いて、広島の佐々岡真ニが140勝くらい?
上原100勝、川上、広島の黒田、阪神の井川慶も90勝ちょっと、元中日の野口も100勝弱。
浜の番長の横浜の三浦大輔も今年100勝に到達した。

やっぱりセリーグは、若手からベテランまで、
100勝投手はゴロゴロいるね。
まあFAでセリーグに来る人が多いからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

相撲部屋は朝稽古を見ることが出来ます。

相撲部屋は朝稽古を見ることが出来ます。

相撲関係者が近くにいないと知らないことですが、
実は、相撲部屋というのは、気軽に朝稽古の観覧ができるんです。

部屋によってまちまちですが、
事前に電話で予約が必要な相撲部屋もありますし、
直接、部屋に来てくれれば、いつでも見させてくれるところもあります。

この間、たまたまボランティアの関係で、大嶽部屋に行きましたけど、
その際に、聞いたら、大嶽部屋は、
元々大鵬部屋で、大鵬道場なので、
朝来れば自由に見れるって!

もちろん静かに礼儀正しくみなければならないが、
一度相撲部屋の朝稽古見学というのも、面白いかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 1日 (金)

球種による、名選手とは?フォークと言えば・・・杉下!

球種による、名選手とは?フォークと言えば・・・杉下!

球種は様々ありますが、その球種に応じて、名選手が沢山いたし、
特に中日ドラゴンズには凄いのが一杯いるよ。

例えば、
フォークと言えば、誰だろう?
もちろん、佐々木と言う人もいるだろうし、
村田兆治と言う人もいるだろう。
また他の人を挙げる人もいるだろう。
だけど、もしもこれに”元祖”をつけたら、間違いなくこの人になる。
そうです、元祖フォーク男と言えば間違いなく杉下茂。
さすがに凄いね。

それから主な球種で言えば、シュートはどうだろうか?
シュートと言えば、やはり、平松政次か西本聖かな。
それ以外はどれも普通。

次に、カーブは得意な人が一杯いすぎて分からない。
しいて言えば、江川卓かな。
あの人のカーブは、もう無茶苦茶です。
あんなカーブ打てるわけ無い。
ただ、基本的には、誰でも投げるので、特徴的な人はいない。

それから、シンカーはどうだろうか、
シンカーなら、やっぱり西武の潮崎かな。
更には、シンカーと同じだけど、
あえてこれをスクリューボールと言えば、
もうこれは山本昌広しかいないね。
中日ドラゴンズが誇る、日本球界が誇る最年長ノーヒッター、
最年長200勝投手の山本昌だよね。

あとSFGだったかなあ。
いわゆるスプリットフィンガードファストボールもあるね。
これが得意だったのは、日本ハムの西崎。
もう怪我しやすいのか、あまり使われないけど・・。

あと、ナックルボールというのもあるが、
これも得意なのはいるよ。
というよりも、今の日本の球界の中でまともに投げている人は、
唯一この人だけですね。
そうです元中日・ロッテの巨人の前田だけだねえ。
ナックルは前田しかいないよね。

その他に、あとスライダーがあるけど、
スライダーも凄い人って
沢山いるからね。
あえて高速スライダーにすれば、元中日で、今の読売巨人の野口も高速スライダーは代名詞だった。
あともう1人高速スライダー投げる人がいたけど、
忘れた。

あと気合を投げる人なら巨人の上原・・・。
デッドボールならば、西鉄、クラウンライター、西武ライオンズの東尾修・・・。
それからチェンジアップなら、井川慶かなあ。

これらの選手が、球種イコール選手名という、名だたる人々である事は間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »