« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月24日 (土)

東京マラソンは雨の中

東京マラソンは雨の中

2月18日、第1回の東京マラソンが開催された。
これは、いつもこの頃に行われる、
東京ニューヨーク友好のための、東京国際マラソンとは違います。

東京の新宿都庁から、飯田橋、銀座、三田、浅草、東京ビッグサイトと走っていきます。
それにしても、人数が多い。
3万人だって!

ここまで多いと、どうしようもない。
少ないマラソンなら、一般人が途中で、
道路を横切る可能性はある。
箱根駅伝だって、途中で勝手に横切る人はいる。
でも、3万人が走るとなると、どうしようもないね。
人が来過ぎてどうしようもない。
渡ったら相当に怒られそう。

今回は、都庁に仮設トイレをたくさん用意したらしい。
それもなんと、仮設トイレが600箇所!
でも、それでも、1つのブースに20人並んでいたよ。
やっぱり大変だよね。

さてスタートだが、
なんでも、今回は、選手の荷物をどうするかと言うことで、
なんと、トラックを数十台使って、
ビッグサイトまで輸送してくれるそうだ!
凄い、凄いね!
そこまでやってくれるんだ。

じゃあ、都庁に行けば、後は送ってくれるんだ。
それなら俺でも出たくなるね。

それにしても、今日は雨だったのが、残念。
みんな雨の中、河童着たりして頑張っている。
3万人が、雨に濡れるって、本当に凄いことだよ。
ソン所そこらの雨模様とは違いますから。

3万人が、カッパにするか、傘にするか、
そしてタオルを買おうか迷っている。
そのうちの1万人がタオル1つ買っただけで、
近隣のコンビニのタオルは全てなくなります。
そのくらいの凄い購買力があるんです。

そんな3万人が、都庁、飯田橋、銀座、三田、浅草と、
東京の名店街を歩き尽くす・・。
これはいいことだねえ。
非常に素晴らしい大会となったと思います。

浅草でも街を盛り上げて雷門を通過してきます。
まずは3万人の東京マラソンでしたが、
来年以降、5万人、6万人を目指して欲しいね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月16日 (金)

朝青龍が早くも大横綱の道へ・・でもライバルは?

朝青龍が早くも大横綱の道へ・・でもライバルは?

朝青龍が、20回目の優勝を決めて、
この年にして、早くも大横綱の道へと走り出した。
1代年寄りも確実でしょうね。

大鵬、北の湖、千代の富士、貴乃花・・・。
史上4人(千代の富士は辞退)の1代年寄りだが、
いずれも名横綱ばかり・・。
朝青龍も、確かに、それに引けを取らない凄い実績と、
風格を備えつつある。
(ちなみに、品格は、もう一息だけどね・・)
とりあえず、貴乃花の優勝24回がひとつの目安にはなるけど、
まあそれは更新するだろうね。

ところで、思うに、
朝青龍には、まともなライバルがいないというのは、気がかりだ。
大鵬の頃は、柏戸がいたし、
北の湖の頃は、北の湖がずば抜けてはいたけど、
それでも三重の海や、初代貴ノ花、朝潮に琴風、
そして、後半には千代の富士も出てきていて、
割とライバルはいた。

千代の富士の頃も、ライバルは寂しかったけど、
それでも若島津とか、痔の2代目若乃花とかもいたし、
脱走の双羽黒とか大乃国だとか、旭富士、小錦とかもいたし、
ポパイ隆の里や、千代の富士唯一の天敵、北天佑もいたし、
最後に若乃花、貴乃花が戦えるようになってきた。

貴乃花の頃は、曙、武蔵丸、武双山、魁皇がいたし、
直接あたらないけど、貴ノ浪、若乃花と、
まあダントツとは言え、ライバルは沢山いた。
たまに琴錦なんかも優勝して、結構盛り上がっていた。

でも最近の大相撲では、
朝青龍以外に、優勝できそうな人が見えないというのが問題だろうね。
魁皇は、あとはいつ引退するかの問題だし、
千代大海は、いわゆるクンロク大関だし。(9-6大関とは、そのまま9勝6敗が多い大関のこと)
栃東は、微妙・・。

白鵬、露鵬、琴欧州、などなど朝青龍を脅かしそうな外国人勢もいるけど、
何か、ここぞという時には弱い・・。
朝青龍がそこまで強いというよりは、
むしろ、周りが弱くなっているのか?

今言っても仕方ないけど、
貴乃花の全盛時に、朝青龍と戦わせたかったなあ。
そしたら、どっちが勝つだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月11日 (日)

オリックスから巨人谷佳知へ?意味不明・・・?

オリックスから巨人谷佳知へ?意味不明・・・?

オリックスから巨人に谷佳知外野手が移籍したけど、
今回のトレードは全く意味が分かりません。
誰もがそう思ったのではないでしょうか?

巨人から交換でトレードされたのは、
名前を聞いたことも無い選手で、
いくら最近不調とは言え、
打率や最多安打で首位に肉薄したこともある谷選手を、
簡単に手放して良いのだろうか?

まあ怪我をしてしまったとして、
その怪我が治りにくいものならば、
そういうことを球団が認識していたのならば、
早めに出してしまおうというのも分からないではないが、
相手が、良く知らない選手でも良いのだろうか?

オリックスは、ちょっと前まで、
女子柔道界のアイドル?やわらちゃんこと谷亮子の旦那ということで、
谷選手と、やわらちゃんのツーショット写真や、
二人でキャンプインして練習風景を撮らせたり、
それこそ、広告塔として散々使っていたのに・・・。

ちょっと不調で怪我をしても、十分使い道があるのに、
移籍してしまったのか?

これは何か違う力が働いたのかなあ・・・。
相手が巨人だしね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月 5日 (月)

アマチュアレスリングオリンピック代表選考会山本KID徳郁

アマチュアレスリングオリンピック代表選考会山本KID徳郁

北京オリンピック代表選考会の第一弾として、
天皇杯レスリング大会が行なわれた。
それにK-1王者から転進して、復帰して、
山本徳郁がやってきたとのこと。

もう彼の経歴は素晴らしいので離すことはないが、
父の無念を晴らそうと、
女子レスリング世界王者の山本美憂、山本聖子姉妹の無念を晴らそうと、
シドニーオリンピック選考会以来の復帰を果たした。

当然にそれ以来のアマチュアレスリングなので、
ブランクはある。
しかしそれを感じさせない見事な試合だった。

最初の第一ピリオドは、まさに、様子見・・・。
でも仕方が無い。
本当の意味での、食うか食われるかの真剣勝負は7年ぶりだし、
時代は、大きく移り変わっていて、
人もルールも当時とは違う。
どのように手を出すのか、
合間を置くのか、それすらも分からない。

だが、ここで辛くも勝利を上がると、第二ピリオドは、
もはや独壇場。
相手をリフトして場外に押し出した!
凄いパワーだね。
そして2回戦、誰もが快進撃を期待したが、
ここでは、実力を1秒すら出すことが出来ず、
肘の脱臼による負傷退場、敗戦でした。

あー、残念、最後まで見たかった。
これは、かのボブサップが、ミルコに目の周囲を殴られて、
陥没骨折したこと以来の、衝撃的で、
不可解な負傷敗退となった。

もちろん、負傷してしまったのは仕方が無いことだし、
せめた者を責めるのもどうかとは思うが、
目の周りという弱い部分に骨身のパンチがあたれば、
それは鍛えようもなく負けるに決まっている。

そして、山本の相手の自衛隊の井上謙二のように、
腕の筋を強引に、引っ張って、体ごとひねれば、
それは腕も脱臼するよ・・。

結局、そういう体勢にならせた山本が悪いとされるだろうけど、
なんだかむしゃくしゃする。
ああいう勝ち方は、アマチュアとはいえないし、
スポーツマンシップに反するよ。
何故自衛隊が、あんな無茶な投げ方をするのかね?
あれで元全日本チャンピオンとか言われても、
紳士的でない分、癪に障るね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »