2007年3月23日 (金)

それにしても、読売巨人と中日ドラゴンズの育成選手って多いねえ。

それにしても、読売巨人と中日ドラゴンズの育成選手って多いねえ。

今年のプロ野球選手名簿見たけど、
それにしても、中日ドラゴンズと東京読売ジャイアンツの育成選手がダントツに多いね。

中日は200番台が全てそうで、
一番選手が多いし、
巨人も複数の選手が居る。

そもそも他球団では、育成選手自体が居ない球団も多いし、
1人とか2人とかしかいない球団も多いのに、
2球団だけダントツ・・・。

まあ2球団とも、親会社が安定しているからね。
多少の余裕はあるんだろうね。
また中日は、コスト削減意欲が強いから、
早めに囲んで安く上げたいと言う感覚は強いし、

逆に巨人は、金をかけてでも早めに囲いたいから、
どんどん育成選手を増やすみたいな・・・。
考え方は違っても、両雄は同じ事を考えているね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年3月15日 (木)

カージナルス田口選手は何を求めてメジャーに止まるのか?

カージナルス田口選手は何を求めてメジャーに止まるのか?

私は良く分からないことがあったのだが、
カージナルスの田口壮選手は、
何を求めてカージナルスに止まっているのだろうか?
ずっとそう思っていました。

近年では、中村紀洋選手が、ドジャースでうまくいかず、
3Aラスベガスから日本球界に戻ったけど、
それは、十分に正しいと思っている。

石井一久も、ある程度アメリカのメジャーリーグで遊び、
大リーグというベースボールを楽しんで、
それから日本球界に復帰した。
これも正しい選択だろう。

別に、アメリカも日本も、全く関係なく、
その差もたいしたこともなく、
別にどちらの野球でも、ベースボールでも、
その中で、自分がどのように楽しんで、どのように活躍して、
記録と記憶に残すことが重要であって、
プロとして何を残せるのかが重要なことである。

だから、長谷川がマリナーズでその選手生命を終えて、
日本に帰国したのも、全然OKだし、
野茂英雄みたいな選手が、アメリカで頑張り続けるのも良い、
城島健司や、井口資仁、イチロー、松井秀喜、
大家、斎藤隆、大塚晶則とか、みんな頑張っている。

でも田口選手だけは謎だし、
何をしたいのかが分からなかった。
アメリカでハングリーに生きるのは確かにいいけど、
それは若い選手がやることで、
ベテラン選手がやることではない。
格好つけすぎているんじゃないか?
そう思わざるを得なかった。

プロ野球は、結果が全ての世界である。
自己満足は、あまり重要ではない。
もちろん、彼がアメリカの大リーグで、
ハングリーに貪欲に頑張って、
レギュラーを取ることに満足と生きがいを求めているならば、
まあ分からなくはないし、頑張れば良いけれど、
アメリカで一度としてレギュラーを取れていず、
1軍半のような生活がずっと続いていて、
それでも逃げずにレギュラーを目指して頑張ったというのは、
別に何の偉いことでもないんだけどね。
プロ野球選手としてはとても不思議だった。

ただ単に、アメリカではレギュラーの実力がないことを、
永遠に知らしめているだけで、
それは、とても恥ずかしいことなのに、
それを続けて、自己陶酔しているのか?

もちろんそういう頑張る姿はとても大事であって、
江夏が日本で引退して、アメリカ挑戦した時も、
水野が巨人を引退して、アメリカ挑戦したことも、
それらは全て凄く格好良くて、素晴らしかったけど、
田口さんの場合は、それとは違って、少し違和感があるんだよね。

何か、無理にしがみ付いているというか、
アメリカだからレギュラー取れなくても、仕方ないみたいな、
そんなアメリカ至上主義を感じるんです。

アメリカのベースボールは全く偉いものではなくて、
別に、ただ、地球の反対側で、力だけのドーピング的な勝負をしているだけだから、
それについて、レギュラーを取ることだけに熱意を燃やしているようで、
何か他の選手とは違う違和感が・・。

たぶん、江夏とか、水野とか、他の選手は、
駄目なら駄目で直ぐに挑戦を諦めたし、
うまく行ったら、そのまま残った。
松井カズオ氏のように、一度は不動のレギュラーをとった人なら、
もう一度レギュラーを取るまで残りたい・・・・。
これも十分に分かることだし、
また、力が衰えたら、佐々木のように引退して日本に戻るとか、
いろんな選択肢の中で、各自が自分のポジションで頑張っていたような気がする。

だが、田口さんは、本当に頑張っているのだろうか?
所詮プロはレギュラーでなければ意味が無くて、
レギュラーでしっかりやることがプロとして一番に重要だから、
田口さんについては、
どこか、そのしがみ付き方を見ていると、
アメリカで、ただ箔をつけたいのかな?
と、違和感を感じてしまうですよね。
純粋な挑戦に見えなくなるような・・・。

まあそれを持って、彼のオリックスでのレギュラー時代の実績を無にするつもりもないけれど、
それでも、違和感を感じている人は、私だけではなかったと思う。

でも、去年のワールドシリーズ優勝で、
ようやく少し、彼の気持ちも分かるようになってきた。
彼は何を求めるということよりも、
ワールドシリーズ優勝のリングを求めていたかもしれない。
それを欲しいが為に、頑張ってきた。
それなら、まだ分かる。

でも、今年もまだカージナルスで頑張るらしい。
今度の目標はまだ見えてこないのですが、
今回は何を求めてメジャーリーグで戦うのか?
今一度見てみたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年2月11日 (日)

オリックスから巨人谷佳知へ?意味不明・・・?

オリックスから巨人谷佳知へ?意味不明・・・?

オリックスから巨人に谷佳知外野手が移籍したけど、
今回のトレードは全く意味が分かりません。
誰もがそう思ったのではないでしょうか?

巨人から交換でトレードされたのは、
名前を聞いたことも無い選手で、
いくら最近不調とは言え、
打率や最多安打で首位に肉薄したこともある谷選手を、
簡単に手放して良いのだろうか?

まあ怪我をしてしまったとして、
その怪我が治りにくいものならば、
そういうことを球団が認識していたのならば、
早めに出してしまおうというのも分からないではないが、
相手が、良く知らない選手でも良いのだろうか?

オリックスは、ちょっと前まで、
女子柔道界のアイドル?やわらちゃんこと谷亮子の旦那ということで、
谷選手と、やわらちゃんのツーショット写真や、
二人でキャンプインして練習風景を撮らせたり、
それこそ、広告塔として散々使っていたのに・・・。

ちょっと不調で怪我をしても、十分使い道があるのに、
移籍してしまったのか?

これは何か違う力が働いたのかなあ・・・。
相手が巨人だしね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月18日 (月)

次のプロ野球の名球界入り投手は?

次の名球界入り投手は?

さて、巨人の工藤が200勝を超えて、
山本昌が来年名球界入りするとして、
その次に来るのは誰か?

パリーグはもう全く持って人材不足なので、
西口が、140勝くらい、次に松坂が今年100勝を超えた。
北海道日本ハムの金村も100勝くらいかなあ?
そんな位しかいない。

セリーグは、どうだろうか?
工藤は210勝を超えて、山本昌広191勝、桑田真澄は、173勝か4勝。
次は大きく開いて、広島の佐々岡真ニが140勝くらい?
上原100勝、川上、広島の黒田、阪神の井川慶も90勝ちょっと、元中日の野口も100勝弱。
浜の番長の横浜の三浦大輔も今年100勝に到達した。

やっぱりセリーグは、若手からベテランまで、
100勝投手はゴロゴロいるね。
まあFAでセリーグに来る人が多いからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

球種による、名選手とは?フォークと言えば・・・杉下!

球種による、名選手とは?フォークと言えば・・・杉下!

球種は様々ありますが、その球種に応じて、名選手が沢山いたし、
特に中日ドラゴンズには凄いのが一杯いるよ。

例えば、
フォークと言えば、誰だろう?
もちろん、佐々木と言う人もいるだろうし、
村田兆治と言う人もいるだろう。
また他の人を挙げる人もいるだろう。
だけど、もしもこれに”元祖”をつけたら、間違いなくこの人になる。
そうです、元祖フォーク男と言えば間違いなく杉下茂。
さすがに凄いね。

それから主な球種で言えば、シュートはどうだろうか?
シュートと言えば、やはり、平松政次か西本聖かな。
それ以外はどれも普通。

次に、カーブは得意な人が一杯いすぎて分からない。
しいて言えば、江川卓かな。
あの人のカーブは、もう無茶苦茶です。
あんなカーブ打てるわけ無い。
ただ、基本的には、誰でも投げるので、特徴的な人はいない。

それから、シンカーはどうだろうか、
シンカーなら、やっぱり西武の潮崎かな。
更には、シンカーと同じだけど、
あえてこれをスクリューボールと言えば、
もうこれは山本昌広しかいないね。
中日ドラゴンズが誇る、日本球界が誇る最年長ノーヒッター、
最年長200勝投手の山本昌だよね。

あとSFGだったかなあ。
いわゆるスプリットフィンガードファストボールもあるね。
これが得意だったのは、日本ハムの西崎。
もう怪我しやすいのか、あまり使われないけど・・。

あと、ナックルボールというのもあるが、
これも得意なのはいるよ。
というよりも、今の日本の球界の中でまともに投げている人は、
唯一この人だけですね。
そうです元中日・ロッテの巨人の前田だけだねえ。
ナックルは前田しかいないよね。

その他に、あとスライダーがあるけど、
スライダーも凄い人って
沢山いるからね。
あえて高速スライダーにすれば、元中日で、今の読売巨人の野口も高速スライダーは代名詞だった。
あともう1人高速スライダー投げる人がいたけど、
忘れた。

あと気合を投げる人なら巨人の上原・・・。
デッドボールならば、西鉄、クラウンライター、西武ライオンズの東尾修・・・。
それからチェンジアップなら、井川慶かなあ。

これらの選手が、球種イコール選手名という、名だたる人々である事は間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月14日 (火)

松坂大輔のレッドソックスは大正解!

松坂大輔のレッドソックスは大正解!

西武ライオンズの松坂大輔がボストンレッドソックスに、
ほぼ決まりそうな話である。
ポスティングシステムでの入札であるが、
なんとその金額が、3800万ドル、日本円で、53億円に達するとの報道もアル。

これは、凄い金額だね。
イチローの14億円、や松井秀喜の時も驚いたけど、
ポスティングシステムの入札金額とは、
単なる排他的な独占交渉権が与えられると言うだけで、
53億円払った上で、そこから、ようやく、
松坂個人との交渉が始まるわけだ。

それでも、レッドソックスにはメリットがあるね。
メジャーリーグ3強であり、大リーグの3大伝統球団と言えば、
ニューヨークヤンキース、ロスアンジェルスドジャース(ブルックリンドジャース)、
そしてボストンレッドソックスなのだ。

だが、それほどの伝統球団ではありながら、
日本における知名度は、まだまだ高くは無い、
シアトルマリナーズやサンフランシスコジャイアンツ、アトランタブレーブス、
辺りに比べても、今ひとつである。

だからこそ、レッドソックスは、メリット大きいね。
日本での知名度は爆発的に拡大し、
松坂のユニホームは売れるし、テレビ放映権とか、
今まで日本では、ほとんど需要は無かったけど、
ここで松坂効果で一気に爆発する。

更には、松井秀喜との対決は、ボストンとニューヨークの、
ベーブルース以来の因縁対決を盛り上げるし、
松坂、松井の対決自体が注目に値する。
見慣れたピンストライプのユニホームの松坂を見るよりも、
今となっては、赤い靴下のユニホームを見たいと言う気が沸いてきたのは、私だけではあるまい。
うーん、楽しみだ。

また、西武が結論を延ばしたけど、
これは最近流行の、メディアを使った宣伝の一種ではないか?
最近は、ソフトバンクBBの電話販売処理システムのパンク事件もそうだけど、
何らかの負ではない事件、事故に対して、故意に手をこまねいて、
それでメディアを刺激する事案が多発している。
まあこれは、これでいいのだけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2006年10月31日 (火)

メジャーリーグドジャースの斎藤隆帰国・・?

メジャーリーグドジャースの斎藤隆帰国・・?

LAドジャースの斎藤隆ですが、
新人ではかなり優秀で、
ドジャースの抑えの切り札として大活躍した。
ロスアンジェルスから凱旋帰国の際に、
アメリカに残るか分からないだって!

うん、私には好感が持てるねえ。
メジャーって言っても、
単なる馬鹿力勝負の野球だから、
まあテクニックが無くて、馬鹿力しかない人は行けば良いのだが、
斎藤は、1年だけ行かしてくれと家族に頼んで、
単身で行ったそうだ。
だから1年でかえるつもりらしい。
せっかく抑えで活躍しているし、
何故って思うかもしれないけど、
私に言わせたらそれが普通だよ。

野球人たるもの、いろんなものに挑戦してみたい!
これは尊重しても良い。
メジャーが凄いからではなくて、
世に言う大リーグは、そんなに凄いものなのか?
それほどじゃないんじゃないの?
じゃあ行って確かめてみるか。
斎藤はそのくらいの感覚だったと思う。

別にメジャーリーグが凄いとかではなくて、
いろんなものを知りたい!
ただそういう探究心でいったと思う。
だからある程度満足できれば戻ってくる。
しがみつくことなく戻ってくる。
潔くて良いね。
そういう生き方の方が格好良いし、
いいと思う。
私はね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

日本シリーズ第3戦みたけど、新庄の守備がポイントか?

日本シリーズ第3戦みたけど、新庄の守備がポイントか?

日本シリーズ第3戦、北海道日本ハムが強い。
中日ドラゴンズは、ジリ貧である。
思うに、今回のポイントは、新庄の守備であるようだ。

新庄は、中日の打者が入るたびに、
森本ひちょりと、稲葉に指示を出して、
守備体形を操作する。
新庄がうまく動かして、日ハムの華麗な守備が機能しているのだ。

それにしても、中日の打球が外野に飛んでも、
中々外野の間を抜ける気がして来ない。
不思議だ。

巨人とか、阪神とか、セリーグの球団と対決する時は、
とりあえずピッチャーはたいしたことないし、
守備もたいしたことないし、
巨人の外野は、ざるのようなもの(笑い)だし、
まあ、それは楽に戦ってきた。

でも日ハムは、久しぶりに骨のある球団だ。
中日とは似たチームとはよく言ったものだが、
守備が良いから、外野に打っても取られそうだし、
ソフトバンクや西武は、良くこんな守備のチームに打ち勝ってきたよ。

また運の悪いことに、中日は、二塁打が得意で、
走塁が得意なチームでもある。
ところが、日ハムに限っては、二塁が狙いにくい。
長打でも、3塁を狙いにくい・・。
今までいろんなチームを見て来たけど、
ここまで走塁が難しいチームはあまりないね。

野村監督と古田が全盛期のヤクルトでも、
センターラインがしっかりしているだけで、
外野守備の脅威は無かった。
今回のチーム新庄は、守備が完璧で、
楽しんで乗りよくやっている。
新庄を抑えない限りは勝てないかもよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月13日 (金)

斉藤和巳って、背がぴんと張って格好いいね!ソフトバンク。

斉藤和巳って、背がぴんと張って格好いいね!

福岡ソフトバンクホークスというか、福岡ダイエーホークスというのか、
ソフトバンクの斉藤和巳だけど、
凄く格好いいと思うんだよね。

なんか、投げるのを見ていると、
尻が全然動かないというか、
背骨から上半身が全くぶれることなく、
体の芯の回転によって、凄い速球を投げているわけだ。

うーん。凄い。
あの背骨が凄い。
尻がでかい野茂みたいな選手もいいとは思うし、
松坂だって、別に体格が悪いわけではない。

でも斉藤って背が高いせいか、
背筋がピンッと伸びて、長身から投げ下ろす速球は、
あれは打てんよね。

今年の最多勝など投手部門4冠も、
何年か前の20勝も、
今考えると、当然といえば当然かもね、
背筋ピンで、尻をくるっと軽めに回転させて、
でもストレートは凄い速さですよ。

松坂とかも、早いけど、
彼のは、投げ込んで、押し込んで、無理に速球している感じだけど、
斉藤選手のは、なんか、回転させて、するっと投げている幹事・・。
格好良いね!
斉藤投手いいぞ!
今回のプレーオフでは、またも負けてしまい、

な、なんと4試合で4敗?

日本シリーズを含めると9試合で5敗らしい・・・。

これはパリーグのみならず、日本のプロ野球を代表するエースピッチャー斉藤らしからぬ成績である。

今回は日本ハムの優勝によって幕を閉じたわけだが、

次年度も頑張って欲しいね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 5日 (木)

NY松井秀喜が左手首を骨折 連続試合出場1768で止まる!

NY松井秀喜が左手首を骨折 連続試合出場1768で止まる!
の衝撃の怪我からようやく復帰してきた松井選手だけど、
今凄く調子よいみたいだね。
これは良いことだ。

やはりニューヨークヤンキースの松井さんと、
マリナーズのイチローには、頑張って欲しい。

ただ、少し気になったのは、
あの怪我の日のことだが、
そもそも、あの怪我の瞬間をみんなはどう思いますか?
私は、少し投げやりで、
ルート営業のように、
いつも通りの気軽なグラブだしが、
意外と地面とこすれてしまい、それが大きくえぐれてしまった。
そんな事故に見えました。

だから、松井選手としても、
簡単にグラブを出して、
いつのまにか、大怪我だったので、非常にびっくりしたと思うけど、
1768試合にして、
気の緩みがあった気がする。

からだが頑丈だから、ちょっとくらいの怪我なんか、
どうとでもなる!
そのくらい気の緩みが、少しこのような怪我を生んだ気がするな・・・。

今後はこういう怪我はもうこりごりと思っているはずだけど、
そのように感じた怪我のシーンでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧