2006年11月10日 (金)

サッカーJEFの城のヘディングシュートをまた見たい!

サッカーJEFの城のヘディングシュートをまた見たい!

サッカーJリーグの城のヘッドをもう一度見たいね。
今はどのチームにいるのかも良く分からないけれど、
彼が日本代表に決まってから、
彼のヘディングシュートを、一度だけ見たけど、
それはもう凄いヘッドでしたから・・。

ほぼ全ての日本のサポーターが、
Wの敗戦については、城が戦犯であると、
卵を投げつけたり、罵声を浴びせたり、
それはもう凄い時期がありましたよね。

でも、それは確かに、決定力は無かったけど、
ここ数年、本当に決定力があったのは、
唯一稲本だけだから、
それはそれで仕方がないと思うけどな。

ただそんな中、城のヘッドは凄かった。
これは、どの試合なのか、既に覚えていないが、
日本代表としてワールドカップに参加する直前の頃だろうか?

コーナーキックか、何かでセンタリングがあがってきて、
そのボールはなんと、自分の体よりも少し後ろ側の、後頭部のラインを飛んできました。
普通はそれを、どのようにゴールに結びつけるのかというと、
頭を屈めて横にいる人にスルーするか(本当はプロとしてはスルーしてはいけないが)、
それか、仕方ないので、頭で止めて下に落として、
キックのシュートを試みるか、
そのくらいしか考えられないくらい、
シュート弾道は後頭部の後ろのラインだった。

それを、城選手は、ヘディングのためにジャンプしてから、
ボールが後頭部をかすめる弾道だと気付いたようで、
な、なんと、ジャンプしている空中にいる状況で、
ボクシングのスウェーバックのように、
体をひねって、よじって、頭を最大限後ろにバックさせて、
ボールのラインを、頭の前を通過するラインへと、自らの捻りで変えてしまい、
それをドンピシャリのタイミングで、
ヘッドにあわせて、ゴールにねじ込んだのだ!

後にも先にも、日本代表の選手の中で、
あんな凄いヘディングシュートは見たことが無い!
だって、ジャンプしてから空中でスウェーしてヘディングで捻じ込んだんだよ。
あんなゴールができるんなら、
もう城しかない!
でも、残念ながら、そうはならなかった。
知り合いに、そのシュートの凄さを話したら、
城って、そのシュートくらいしか、(国際試合では)ゴール決めていないんじゃないの?
だって。
もう一度みたい城のヘディングシュートでした。

それから、

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年8月 9日 (水)

オシムジャパン日本代表候補13人選出

オシムジャパン日本代表候補13人選出

これは面白いね。
選出はわずか13人。
それもワールドカップドイツ大会の代表からは、
わずか4人だって。
凄いね。

でも選ばれたのは、十分分かる。
まず川口。まあそんなもの。
坪井、サントス、まずまず。
それから、駒野は当然だね!

ワールドカップでも、オーストラリア戦で、
あれだけの活躍をして、いい動きをしたのに、
何故2戦、3戦で使われなかったのか、それが不明だ。

駒野のいい動きは、今後の日本代表でも、
十分活躍できると思うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

ジダン退場とマセラッツィ

サッカーワールドカップドイツ大会決勝戦

イタリア対フランスだが、

ジダンの退場による終幕を迎えた。

それにしてもイタリアのマセラッティの暴言だが、

テロリストはまずいだろう・・。

いや最悪だな。

容姿だとか、はげてるとか、バカとか、

そういう中傷はありだと思うけど、

宗教からみと、民族からみは、世界中どのくにでも、

日本でもそうだが、完全にタブーだろう。

それも今のフランスにとっては、特にタブーである。

でもイタリアが勝ちたいだけで、

ジダンを、アルジェリアのテロリストなんて言っていたら、

ジダンは逆上するわな・・。

そうまでして勝ちたいのか?イタリアという感じ。

中田以来、イタリアサッカーは割りと興味あったし、好きだったけど、

一気にさめたね。

イタリアは、元々公的な汚職の国で、

悪いことでも平気であるのがお国柄ではある。

そうじゃない人も北部にはいるけど、

南部には、汚職をするのが当たり前の人が多いのは否めない。

それがこれだからね。

逆に言うと、フランスが何故に怒らないのかが不思議だね。

フランス人はプライドが高いから、

サッカーの至宝ジダンを汚されたわけだから、

もっと強く、というか、経済制裁をしてもおかしくない出来事だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月10日 (月)

ジダンがMVPで示談!?

サッカーワールドカップのドイツ大会で、

MVPは、なんとフランスのジダンだって?

どういうこと?

まあ退場さえしなかったら、確かにジダン以外にいないけど、

退場してもジダンとは、恐れ入った・・・!

もちろん、それに反対するわけではないが、

やはりジダンの栄光は、ヘッド攻撃による一発退場でも色あせなかったね!

ジダンが示談したのか??

いや、ジダンは素直に自分に従っただけだろう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 3日 (月)

W杯サッカードイツのバラックの顔

ワールドカップサッカードイツのバラックの顔

ドイツのバラックの顔が面白いと言ったら、
怒られるかなあ・・。

何か面白いというか、
昔のドイツ顔というか、
懐かしの”くしゃんおじさん”(笑い)というか、
くせのある顔、特徴的な顔だなあ。

ある意味、顔を覚えられて良いんだろうから、
頑張って欲しいね。

もちろん、ワールドカップサッカー2006年の開催国だから、
頑張って欲しいけど、
クローゼだけでなく、
バラックも、行け行けという感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

トルシエ監督は、何故中村俊輔を選ばなかったのか。

トルシエ監督は、何故中村俊輔を選ばなかったのか。

今でも語られる疑問であり、後悔の言葉でもある。
しかし今になってみれば、
当然といえば当然だったかもしれない。
今回の大会で俊輔の必要性はどれほどだったろうか?

もちろん、全くいらないとまで言うつもりはない。
それなりに役にたったし、
オーストラリア戦で1点を取ったのは彼だからだ。

だが、実はオーストラリア戦で1点を取られたのも、彼のせいである。
彼の運動量が落ちたのが遠因である。

何故なら後半40分近くになり、
どの選手も疲れはピークとなっていた。
誰も他人のことなんか考える余裕も無くて、
自分の役割だけを考えていた。
自分のやるべきことだけを精一杯やっていた。

ところが、自分の役割さえできない選手がいた。
それが俊輔である。
俊輔は、ある意味、トップ下だから、ディフェンスはする必要がなく、
パスだけ出せば良いという人もいるだろうけど、
やはりある程度ディフェンスはしなければならない。

ところが、彼はもう走れなかった。
そしてそれをジーコも許していた。
1点を取った功労者として・・。
だから他の人がカバーせざるを得なかった。
自分が手一杯なのに、
中田は俊輔の分も走り、駒野も、小野もてんてこ舞いだった。

俊輔も1点は俺が取ったからと自負はあったろうけど、
それは勝ってから威張れば良いのであって、
甘えは禁物。

しかし俊輔はもう走れず、中田、駒野、サントスらに過度の負担をかけていた。
結局、後半39分、中田もカバーできず、駒野も動ききれず、
ついに失点した。

でもこれは、何が原因といえば、駒野が倒れてしまったことよりも、
俊輔が走りきれずに、他の人の負担を増やしたことだろう。

もちろん彼は一点取ったし、自分のやるべきことを頑張っていた。
つまり実際は、俊輔が悪いのではなく、
走力のない中村俊輔を起用し続けたジーコの責任である。
小野伸二は、中村俊輔に代わって入るべきだったと思う。
中村は後半バテバテなんだから、
早く代えて休ませる。
これをジーコは行なうべきだったね。

それが出来ないなら中村は起用すべきではないし、
トルシエが何故中村を選ばなかったのか?
今になれば、やはりあれだけ走れなくて、
あおのように急に元気がなくなってしまう人物は、
ことワールドカップのような長丁場では、使い道は限定されてしまうのでしょうね。
私も今回のワールドカップサッカーは本当に良く勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月23日 (金)

ワールドカップサッカーブラジル対日本

ワールドカップサッカーブラジル対日本

いろいろ期待もしましたし、
奇跡は起こり得るものだと思っていましたし、
何か起こるんじゃないか?
いや、奇跡は起こすものなんじゃないか!
そんな思いをもっていた。

しかし結果は無常だった。
やはり、というか予想通りというか、
結果は、3対1。
結果だけ見れば完敗でしたね。

考えるに、ブラジルは、やはり2軍でも、控えの選手でも、
非常に強い。
それは当たり前と言えば当たり前だが、
何故なら、
彼らは、1軍に入ろうと、不動のレギュラーに昇格しようと、
そして、海外からのオファーを受けようと、
それこそ必死に戦っている。

だから手抜きどころか、
これをいいチャンスと捉え、それこそ必死で、
死に物狂いでやってくるのだ。

ブラジル全体で見れば、消化試合ではあるが、
彼らにとっては、生きるか死ぬかの瀬戸際・・・。
勝てるわけ無かったね。
でも、日本は更に一回り大きくなった。
素晴らしいことだね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて

W杯サッカー日本対ブラジル戦に向けて

ワールドカップサッカードイツ大会、
日本対ブラジル戦では、
どういう試合を見せるべきか?
日本対クロアチア戦を見て、その痛恨のドロー戦を見ると、
下記の感じが良いのではないかと思う。

前半は、FW以外はいつもと同じ感じで行く。
FWは巻と玉田。
まあ疲れていないしね。
それから、宮本がいないので、
その代わりは、坪井でも、駒野でも入れて、
宮本のポジションには、加治でも入れる。
駒野の体当たりは、オーストラリア戦でも全く引けを取らず、
大丈夫でしょう。

それから、前半は、疲れない程度に、
ブラジルの猛攻を防ぎ続けるしかない。

後半には、まず15分頃に、巻か玉田にかえて高原でも入れる。
特に理由は無いが、FWは疲れきるはずなので、
1人は代えないと、
普通のパスにさえ追いつけないのはさすがに痛いから。

次に、後半25分に、中村俊輔に代えて、
稲本を投入。
稲本で活性化を図る。

最後に後半35分に、
疲れたサントスに代えて小野を入れるか、
巻か玉田に代えて大黒を入れる。
もはや勝つしかないので、引き分けならば、大黒を入れるし、
勝っているならば、小野という感じか。
小野のセンスに期待する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

ワールドカップ日本対クロアチア川口に助けられた!

ワールドカップ日本対クロアチア川口に助けられた!

W杯サッカードイツ大会、日本対クロアチア戦、
日本にとっては、痛恨のドローに終わった。

勝てなかった理由はいろいろある。
一番には、後半でのサントスのクロスに誰も走りこんでなかったこと。
これは、サントスも激怒したけど、
もうあんなセンタリングは、二度と出来ないというくらい、
完璧なクロスだった。
あれに走りこまなければ、どうしようもないよ・・・。
既に、玉田も、大黒も入っていたのに、
元気なやつが2人もいたのに、
誰もいなかった・・。

他にも勝てなかった理由はある。
中村俊輔が疲れすぎ・・。
もちろん彼は必要だし、前半は良いのだが、
ただ前回大会、彼無しで勝ち抜いた事実を忘れていないか?
そうです、彼無しでも、勝ち抜ける事は勝ち抜けるわけです。
だから、前半良いところで使ったら、福西を下げるんじゃなくて、
後半20分くらいに、中村を下げるべき。
彼が疲れ切って、精度の落ちたパスなんか、
はっきり言っていらないよ。

負けなかった理由は、
川口にスーパーセーブ連発と、
やはりPKを止めちゃったこと。
あれは止められないよ、普通・・。
他にも決定的なチャンスをスーパーセーブで凌いできた。

クロアチアのキーパーなんて、日本が自滅しているから、凄く楽だったけど、
川口能活なんて、
スルナとプルスのコンビに良い様にやられていた日本のディフェンスを尻目に、
良くやったよ!

あと良かったのは、稲本です。
やはりラッキーボーイ稲本は健在か?
いいところで、みんなが疲れたところで、
しっかりとカットできた。
やっぱり稲本でしょうね。

加治も良かったし、中田も良かったけど、
サントスについては、
実は、1回の良かったセンタリング以外は、少し疲れていたのは否めない。
サントスも注意が必要かも。

ディフェンダーは宮本も中沢も、もうこれ以上の動きは出来ないほどに頑張っていた。
文句は誰も言えまい。

次回のブラジル戦は、奇跡を起こして欲しいね!
それしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

ワールドカップサッカー!そんなバナナ・・

ワールドカップサッカー日本対オーストラリア戦

まさに、そんな馬鹿な・・。

後半39分から、残り9分で3点をもぎとられ、まさかの敗戦。

途中、川口の好セーブもあったし、

特に、前半1つ目?のゴール前でのフリーキックで、

良く見えない右下のシュートを抑えたときには、

鳥肌がたったし、

この流れは、日本の流れだから勝てると思ったのに・・。

暑い中、豪州に、シュート打たせるだけ打たせて、

へばらせて、

それで日本がカウンターで決めるみたいな。

そんな流れも見えていた。

残念。

敗因は、豪州が、後半に元気な点取りやを2人入れたこと。

その2人以外の日豪合わせて全20人は、少し疲れていたけど、

その2人だけは元気に動き、点をとられたという感じ。

一方の日本の対策は小野を入れたことだけど、

中盤を厚くしても、ロングボールで越されたら意味ないし、

本当に惜しい試合でした。

次に期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)