2007年2月 5日 (月)

アマチュアレスリングオリンピック代表選考会山本KID徳郁

アマチュアレスリングオリンピック代表選考会山本KID徳郁

北京オリンピック代表選考会の第一弾として、
天皇杯レスリング大会が行なわれた。
それにK-1王者から転進して、復帰して、
山本徳郁がやってきたとのこと。

もう彼の経歴は素晴らしいので離すことはないが、
父の無念を晴らそうと、
女子レスリング世界王者の山本美憂、山本聖子姉妹の無念を晴らそうと、
シドニーオリンピック選考会以来の復帰を果たした。

当然にそれ以来のアマチュアレスリングなので、
ブランクはある。
しかしそれを感じさせない見事な試合だった。

最初の第一ピリオドは、まさに、様子見・・・。
でも仕方が無い。
本当の意味での、食うか食われるかの真剣勝負は7年ぶりだし、
時代は、大きく移り変わっていて、
人もルールも当時とは違う。
どのように手を出すのか、
合間を置くのか、それすらも分からない。

だが、ここで辛くも勝利を上がると、第二ピリオドは、
もはや独壇場。
相手をリフトして場外に押し出した!
凄いパワーだね。
そして2回戦、誰もが快進撃を期待したが、
ここでは、実力を1秒すら出すことが出来ず、
肘の脱臼による負傷退場、敗戦でした。

あー、残念、最後まで見たかった。
これは、かのボブサップが、ミルコに目の周囲を殴られて、
陥没骨折したこと以来の、衝撃的で、
不可解な負傷敗退となった。

もちろん、負傷してしまったのは仕方が無いことだし、
せめた者を責めるのもどうかとは思うが、
目の周りという弱い部分に骨身のパンチがあたれば、
それは鍛えようもなく負けるに決まっている。

そして、山本の相手の自衛隊の井上謙二のように、
腕の筋を強引に、引っ張って、体ごとひねれば、
それは腕も脱臼するよ・・。

結局、そういう体勢にならせた山本が悪いとされるだろうけど、
なんだかむしゃくしゃする。
ああいう勝ち方は、アマチュアとはいえないし、
スポーツマンシップに反するよ。
何故自衛隊が、あんな無茶な投げ方をするのかね?
あれで元全日本チャンピオンとか言われても、
紳士的でない分、癪に障るね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)